リビングテーブルの最適な高さって?意外と高めが便利。

インテリア考察

リビングのセンターテーブルって、すごく便利ですよね。

※センターテーブルとは、リビングのソファの正面に置くテーブルの事です。

リビングテーブルやコーヒーテーブルとも呼ばれますが、この記事では「センターテーブル」と呼んでいきます。

マグカップ置いたり。

パソコン置いたり。

テレビのリモコン置いたり。

ホント何かと便利ですよね。

今日はその便利なテーブルの「高さ」について考察していきます。

f:id:shokubutsuzoku:20190128190259j:plain

オタクパーティーも可能なセンターテーブル

友達が来たときは、こんな感じで…

f:id:shokubutsuzoku:20190213000843j:plain

やりたい放題できる!!

便利!!

 〈余談〉

オタク友達のAとは中学生のような遊びをしています。

雑誌からそれぞれの推しを切り抜いて交換したり、という事を未だにやっています。

↑これが本当の中二病(笑)

雑誌の切り抜きのハガキを、「良いお持ち帰り方法、見つけたっ♡」と言って、漫画の特典のように持ち帰る友人A。ビニールの間にハガキを入れていた。

f:id:shokubutsuzoku:20190213004826j:plain

↑漫画好きの方には分かっていただけるかしら?

江口拓也君が折れないようにする配慮。

推しへの大きな愛を感じるが…

「憂鬱な朝」という超大作BL漫画に挟んだ事で、昨年の大爆笑大賞となりました。

↑BL好きの方には分かっていただけるかしら?

話が逸れすぎて申し訳ございません。元に戻します。

センターテーブルが大き過ぎる?

f:id:shokubutsuzoku:20190212235459j:plain

こちらのセンターテーブルは昇降式で、以前はダイニングテーブルとして使っていた物。

そのため、かなりの大きさです。

前述のオタクパーティーのように、何でも置けてしまいます。

DVDや本が置きっぱなしになってしまうことが多々あり。

↓こんな感じに

f:id:shokubutsuzoku:20190212235529j:plain

片付ければ良いだけですが…

※ちなみに、センターテーブルを置いていなかった時は、置きっぱなしにする事はありませんでした。ちょい置きする場所が無いから、強制的に片付けられていたんだと思われます。

高めのサイドテーブルを置いてみた

f:id:shokubutsuzoku:20190212235608j:plain

先日、ふと思い立つ。

サイドテーブルをセンターテーブルとして使えないか?と。

で、早速置いてみました。

さらに、天童木工の中座イスを2脚配置。

f:id:shokubutsuzoku:20190212235603j:plain

なかなか快適ではないか!

f:id:shokubutsuzoku:20190212235555j:plain

サイドテーブルは植物やライトを置いていた物。

IKEAのKRAGSTA クラーグスタ。ミルクペイントして使っています。

サイズはØ49×H51cm。

通常40㎝前後であるセンターテーブルとしては高め。

www.ikea.com

北欧のセンターテーブルは高さが高い(物が多い)

高さ50㎝以上あったりします。

その理由は実用性からだそう。

このサイドテーブルも高さ51㎝

確かに、以前のテーブル(高さ40㎝)より、実用的になりました。

f:id:shokubutsuzoku:20190212235717j:plain

マグやリモコンが取りやすい。いちいち屈まなくて良いので、非常に便利です。

それぞれの高さは、ソファが41㎝、テーブルが51㎝。

高さの差が10㎝。

しかもソファよりテーブルが高い。

これが快適で便利な理由だと思いました。

大きい物を選ぶと圧迫感が出そう。

ただ、高めのセンターテーブルにするなら、わが家には小さめサイズが良さそうです。

わが家の広さではØ60㎝までが限界かな?

適度な家具のサイズを見極める事って、かなり難しいですよね。

 ↓このぐらいのサイズが理想

でも出来ればラウンド型が良いな

余談ですが、ついでに、ソファカバーも白に変更

before 

f:id:shokubutsuzoku:20190212235555j:plain

わが家は北向きのLDKなので、冬は暗いです。

赤いカバーは暖かく見えて良いですが、狭い空間には結構圧迫感があります。

after 

f:id:shokubutsuzoku:20190212235730j:plain

狭い&暗い空間で白の面積を多くすると、効果絶大ですね。

明く、広く見えます。

しかし、キッチンカウンターにもハイスツールを置いているので、リビングが脚のある家具だらけになってしまいました。

f:id:shokubutsuzoku:20190212235722j:plain

↑鏡に映っているのがハイスツールです

脚のある家具は軽く見えるので、狭い空間にはもってこいですが…

あまりにも脚が揃いすぎるのは微妙?

脚ばかりのインテリアは、洋室ではあまり良しとされないそうですね…。

いやぁ~、インテリアは難しい。

バランスが命なんだろうけど、全体を感じ良くまとめるのが難しいですね。

とにもかくにも、まとめ。

f:id:shokubutsuzoku:20190212235645j:plain

床座をしないなら、

「センターテーブルは断然高めが使いやすい!!」

ただし、

「低めのセンターテーブルより、圧迫感が出るのは避けられない!!」

実用をとるかスッキリを取るか悩みどころ。

これはインテリアの永遠の課題ですよね。

before

f:id:shokubutsuzoku:20190212235459j:plain

after

f:id:shokubutsuzoku:20190212235628j:plain

テーブルのサイズがかなり小さくなったので、見た目にも凄く変化がありました。

しばらく、こちらのサイドテーブルで暮らしてみます。

また変化があったら、ご報告しますね♪

ぴめりー
ぴめりー

ブログランキングに参加しています。
応援クリックしてくださると励みになります
↓↓
にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村
ありがとうございます♡


人気ブログカテゴリーはこちらから

▶ブログ村にほんブログ村 インテリアブログへランキングへ

▶ブログ村にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへランキングへ

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
pimeryiをフォローする
インテリア考察旧家のインテリア記事
pimeryiをフォローする
PLANNING

コメント

タイトルとURLをコピーしました