【植物の水やりが簡単になる鉢】エバーフレッシュの植え替え【レチューザ】

植物

先日、エバーフレッシュを植え替えました。

植物の水やりが簡単になる「レチューザ」の鉢を使いました。

レチューザは、

  • 水やりをうっかり忘れてしまう
  • 水をあげるタイミングが分からない
  • お世話は面倒だけど育てたい

と言う方にオススメですよ〜。

管理が楽で、きれいに育つ。魔法のような鉢。

下から水を吸い上げる、底面灌水の構造。

自然界と同じような環境にできる鉢です。

友人がレチューザできれいに植物を育てているのを見て、私も使い始めました。

使い始めたらその良さに虜になってしまい、次々と家中の鉢をレチューザに植え替えてしまいました(^^)

今は6鉢をレチューザで育てています。

管理が楽で、きれいに育つので、室内の鉢はほとんどレチューザに植え替えてしまいました。

今回は、エバーフレッシュを植え替えました

エバーフレッシュ散る
植え替え前

キュービコ22という鉢に植え替えました。

レチューザ LECHUZA キュービコ22 CUBICO22

通常の植え替え方法とほぼ同じです。

  • 鉢の底に専用のクレイを使う
  • 水位計をセットする

違うのは、この2点ぐらいです。

水位計をセットして、

水位計はシンプルな構造なので、セットも簡単です(^^)

鉢底にクレイを入れます。

植え替える植物を鉢から引っこ抜きます。

レチューザに入れ、上から土をかぶせる。

で、植替え完了です。

↓ちなみに、もともとは卓上サイズでした

水やりが楽になるだけで、お世話のハードルがグッと下がりますよね

レチューザに植えて、だいぶ管理が楽になりました。

水位計のメモリに沿って水をあげればいいので、簡単に水やりの量やタイミングがつかめます。

水位計

水やりを忘れがちな場合でも、ちょこんと出た水位計を見ると思い出せますよね。

※メモリの水がなくなったら、期間を開ける必要があります。
詳しい使い方はこちらをチェックしてみて下さい。

インテリア的にも良いところがあります

f:id:shokubutsuzoku:20190603203036j:plain

レチューザは受け皿がいらない鉢です。
なので、飾り方も広がります。

見た目もスッキリです。

鉢の形もシュッとしていてかっこよい。
さすがドイツ製って感じです♡

インテリア的にもいい感じですよ👍

セラミスやハイドロボールとは別物

とても似てますが、別物です。
鉢の構造が全く違います。

レチューザの鉢の内部は、土(クレイ)と底が分断されているのが特徴です。
↓土の入っている部分が宙に浮いている状態です。

なので、根腐れしにくいし、元気に育ちます。

余談ですが、私はセラミスやハイドロボールと、うまく活用できませんでした。
ひょろひょろと育ってしまうことが多々ありました。
レチューザとは相性が良いようで、仲良くお付き合いしております(笑)

欠点もあります

向かうとこ敵なし。チート状態の鉢に見えますが…欠点が1つ。

それは値段が高いこと。

参考までに、今回の鉢は11,220円です。
プラ鉢からすると、かなり高いですよね(^_^;)

ちなみに、植え替え前のプラ鉢は500円ぐらいでした。
比較すると、やっぱり結構高く感じちゃいますよね(^_^;)

長い目で見ると実はお買い得なんですけどね。
植え替え頻度も少なくなるし。クレーも再利用できるし。

そうは言っても、もうちょっと安いと嬉しいです。

まとめ

  • 水やりが楽になってキレイに育てられる
  • ちょっと高い

植物の水やりはタイミングがつかめなくて、結構難しいですよね。

レチューザは初期投資にお金がかかってしまいますが、楽にきれいに育てられるので、個人的には超オススメです(^^)

↓テーブルサイズなら3,000円前後ですよ〜


レチューザ LECHUZA MINI CUBI ミニキュービ

ぴめりー
ぴめりー

ブログランキングに参加しています。
ポチっとしてくださると幸せです♡
↓↓
にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村
ありがとうございます♡

人気ブログカテゴリーはこちらから

▶ブログ村にほんブログ村 インテリアブログへランキングへ

▶ブログ村にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへランキングへ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
植物
ぴめりーをフォローする
PLANNING

コメント

タイトルとURLをコピーしました